男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

以前は、恋愛に積極的だった男性は多くいました。しかし今では、恋愛に消極的な男性が増えつつあることから、恋愛も結婚も男まかせでいると、全然実らない!という問題に発展しつつあります。男まかせにするデメリットと、女がリードする際のポイントもお伝えします。

 

恋愛に消極的な男性が増えている

 

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

どれくらい恋愛に消極的な男性がいるのでしょうか。明治安田生活福祉研究所が2016年に発表した、親子の関係についての意識と実態に関するレポートを参照してみました。その内容から、親世代と子供世代における、恋愛観などの違いが判明。恋愛への積極性に関する調査では、現在15〜29歳の男性で、恋愛に積極的と答えた割合は2割弱。一方で、親は4割ほどが積極的だったと回答しています。つまり、親世代と比べて恋愛に積極的だと思う男性は、半分以下という結果になっています。

 

ちなみに女子でも積極的ではないと答えた人は、親より多くなりました。しかし男性のほうが、減少幅が大きく、見逃してはならない事態といえます。親世代までは、恋愛を始めるのも、結婚の約束をするのも、男性からの申し出が一般的でした。しかし現在では、消極的な男性が増えたことにより、女性が恋愛をしたいと思っても、全然告白してくれない男性や、結婚したがらない男性が増えているということが問題に。つまり、男まかせにしていたら何にも始まらない状況になってきているのです。具体的にどんなデメリットがあるのか、次から考えていきましょう。

 

恋愛や結婚を男まかせにするデメリット3つ

1.いつまでたっても友達関係

 

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

いい男がいても、恋愛には消極的。彼とは、いつまでも告白をせず、付き合うはめになります。友達の延長だと割り切ればよいのですが、女性としては「告白されてみたい」「男らしい面も見てみたい!」という思いにも陥りやすいです。

 

2.婚期が遅れて売れ残りになる

消極的な男性は、全然プロポーズをしてくれないため、婚期が遅くなるリスクも。「〇歳までには結婚したい」と思う女性は、待っているだけだと、どんどん年をとってますます結婚しにくくなります。大きなデメリットといえます。

 

3.出産を意識してくれない

将来、赤ちゃんを望む女子にとっては、結婚・出産はできるだけスムーズにいきたいところです。しかし男はどちらかというと、マイペース。自分の結婚したい時に結婚できればと思っているので、出産まで意識してくれることはありません。結婚も出産も、早めの行動が大切です。

 

もっと女はリードしてもよい?男の本音

 

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

男まかせにすると、女子にとっても大きな痛手となりそうですね。ところで、女性がリードすることを男性は実際にどう思っているのでしょうか。結婚情報誌を手がけるゼクシィが、2013年にネット上で行った、女性がリードする恋愛についての調査を参照すると、女性にリードされることに歓迎の声が多くありました。女性は、安心してリードしても大丈夫なようです。そこで、どんなふうにリードしたらよいかも考えてみたいと思います。

 

女がリードするときのポイント3つ

1.デート中のポイント

 

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

行き先を決める時は、相手の意見を聞いてからにしましょう。リードするのと、自分勝手は少し違います。彼が「まかせるよ」というなら、自信をもって決めましょう。

 

2.「付き合おう」と告白する時

煮え切らない彼だとしても、心の中では告白のチャンスをうかがっている場合もあります。いきなり告白するのではなく、自分から告白したい男性かをもう一度見極めてみてください。また相手が告白しやすいムードにすることも大切。それでも告白しなさそうなら、女子からアクションしましょう。

 

3.逆プロポーズをする時

 

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

人生で大切な時ですので、無理に結婚を迫るとうまくいきません。逆プロポーズは、交際期間が長めのほうが相手を見極めることもでき、成功の可能性も高まります。結婚願望があるのかどうかも、きちんと確認しておいてくださいね。

 

結婚後は、「かかあ天下」がうまくいくことも

 

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

交際中ではなく、結婚生活においては、どちらがリードするとうまくいくのか気になりませんか。昔は亭主関白が一般的だった時代もありますが、今はどちらかというと「かかあ天下」のほうが、うまくいくという考えも増えています。先ほど恋愛に消極的という男性が多いと述べましたが、主導権を握ることに関しても、執着心が薄れてきている男性も増えていることがうかがえます。協力的な男性が増えてきたのか、ただ単に消極的なのかは人によるところかもしれません。

 

さいごに

 

男が消極的すぎて悩む!恋愛も結婚も女性からアクションすべき理由

 

今まで、男性がリードするというと、「俺についてこい」というように一方的な印象も。一方、女性なら相手をサポートしながらリードできる特徴もあり、ついていくほうも安心してついていけるといった点が、男性にも歓迎されているとも考えられます。男が消極的になったことは、晩婚化など社会問題につながりやすいですが、女性がしっかりとアクションをしていけば、問題を回避できるといえます。